せどりで稼ぐ@田舎暮らし

古本を仕入れて、高く転売することを「せどり」といいます。

私もアマゾンで「箱-getting out from the box-」という本を
定価の1500円で仕入れて
5000円ぐらいで転売したことがあります。

元々、その本は購入したかったのですが、プレミアがついていたので、ずっと待っていたところ、
プレミアがついていると知らない人がアマゾンに普通に出品して
いたのでしょう。

それをすぐに落札して、読んだ後、手放しました。

その反面、どうしても読みたかった本を定価以上で購入したこともあります。

どうしても読みたい本というのは本人にとっては値段以上の価値があるので
お金もいただけるのに、喜んでくれるのが なかなか良い収入源です。

「せどり」専門で生活をしているような方は、
単に「価値を知っている人」になるということです。

アマゾンなどでは高価で買い取ってくれる人がいる本を、
古本屋などで定価以下で手放されているのを見つけて、すぐに流すという

情報量と、本を見つける根気の良さが必要です。


と、思っていたのですが、私が不労所得特集でSPAに掲載をしていただいた時に、
同じページに載っていた「せどり」が本職の方は

「そうではない」とおっしゃっています。

「せどりにはコツがある」と。

そのコツは情報販売されています。

売上 48 万、月収で 29 万以上のコツに
もしご興味がありましたらどうぞ。


古本転売で月20万稼ぐ方法をお教えいたします

新・せどりノウハウ・月300万円以上稼げるようになった方法
*BACK*