INTO THE  BLUE!
海で遊ぶということは地球の70%で遊ぶということ。
せっかく海の近くに住むならダイビングをしませんか?
ダイビングをしたいなら、海の近くに住みませんか?
私(めぐ)は元ダイビングのインストラクターです。18歳からダイビングの旅行会社で働きはじめ、都市型ショップ、海外リゾートダイビングショップ、国内(沖縄)リゾートダイビングショップと言わば全ての種類のダイビングショップでの勤務経験があります。そんな私から中立な立場でこの業界の仕組み、ダイビングの始め方をガイドします。
■ダイビングにはCカード
ダイビングには各団体が発行しているcetificationCard(略してCカード)が
必要なルールとテクニックをきちんとマスターしていることを証明する、
ダイバーの身分証明書的な役割なので、世界中どこのダイビングショップでもタンクを借りるときや器材を貸してもらうときに必要となります。
認定団体はいろいろありますが、世界シェア率80%の世界最大のダイビングトレーニング機関PADIがおすすめです。
■PADIのCカード取得スケジュール
水中はまるで宇宙のように無重力で、陸上とはまるで違うルールがあります。
楽しく安全に潜るためのオープンウォーターダイバーコースは学科講習4回、プール(または限定水域)2回海洋実習4回のスケジュールで学科テストや実技テストをクリアすると認定されます。
学科テストや実技テストは、初めての水中なので難しいかもしれませんが、これからダイビングを楽しむのに必要なことばかりです。「えーー。テストもあるの?難しそう」と思った方。

この難しいかもしれないコースを楽しく簡単にそして安全にするのもインストラクターの腕の見せ所なので生徒となる皆さんは大船に乗ったつもりで安心して参加して下さい。
できないところがあったらインストラクターが親身に教えてくれるでしょう。
それが仕事なので遠慮しなくて大丈夫です。
*****どこでCカードを取るか?*****
**都市型ショップ**
::メリット::自分の近所に都市型ショップがあると、自分のスキルレベルをわかってくれている人がダイビングツアーに連れて行ってくれたり、アドバイスをくれる。また都市型ショップは大人のサークル活動のようになるので社交場でもある。
::デメリット::高額なダイビング器材を売ろうとします。ダイビングをするには器材が必要。
その器材はメンテナンスが必要です。「使い慣れた自分の器材を」というのが売り文句ですが、
たまにしか使わなかったら自分の器材でも使い方も忘れてしまいます。
たまに車に乗るならレンタカーにしようという発想と同じで年に数回リゾートにダイビングに行く
ぐらいなら現地で借りたほうが元が取れます。
もし毎週でも行きたいわという方は買ってしまっても構わないと思います。

苦情がでるとしたらほとんどの人が買った後で「ぼったくりだった。高かった」などの文句を言います。
ライセンスを取れるスクールがなく、格安で器材のみを売っているお店もあるので
気持ちは分かるのですが都会の高い家賃、人件費をまかなっているのはこの器材代が
ほとんどなので高いのはしかたがないと思います。
その分フレンドリーなサービスや自分のスキルをわかってくれている安心感に期待をしましょう。
==============================================
自分をよく知ってくれているエステサロンがあったらきれいになるのは早いでしょう?
それを「きれいにしてくれる私の味方」と取るか「カモにされている」と取るかで楽しみは全く違うと思います。
ダイビングショップも同じくそう言えると思います。
=============================================
**リゾート・現地サービスショップ**
現地にあるサービスショップ。ライセンスの取得やファンダイビングのサービスを販売してなりたっているので器材の販売などにはあまり力をいれていない。場所によって得意分野に差がでる。

グアム・サイパン・沖縄本島などは毎日のように講習をしているし、ファンダイビングもほぼ毎日。ニューカレドニアのような新婚旅行客が多いところになると「旅行のついでにダイビングでもしてみましょうか?」というスタンスの方がたくさんいらっしゃるので、体験ダイビングばっかりしていたりする。(体験ダイビングのめちゃくちゃうまいイントラなどがいます。もちろん頼めばライセンスも取らせてくれます。)
::メリット::その海を見せることで生計を立てているので、最高のダイビングポイント、最高のコンディションで潜ることができます。都会近くのどす黒い海の中で潜らないので、イメージ通りのダイビングを楽しめます。あとくされがない。
::デメリット::行ってみなければどんな人かわからない。(HP要チェック)
アフターフォローがない
=================================================================
もし外国で受ける場合は学科を日本語でしてくれるのかどうかチェック。
またリゾートで勉強したくない人は、都会に本拠地があって、都会で学科のみをしてくれるところを
選んだほうが無難です。学科は物理の問題とかあるのでかなり頭を使うものです。
=================================================================
*ダイビングのインストラクターになろう