■移住支援リンク■
沖縄では、「カメカメ攻撃」と呼ばれる 「食べなさい食べなさい運動(?)」があります。

「あれ食べな。これ食べな」と言って 食べ物を出してくれることを言うのですが、
そういうサービス精神が旺盛な人が多いので、一日に数軒 自宅に呼ばれることになると大変だったりします。

私の島で過ごしたお正月の記録があります。
以下記載


----------------------------------------------
今年の正月はすごかったよ。

島人の友人の集まりにお邪魔したところ、
みんなで食事を食べた直後、
「リンゴ食べる?」と聞いてくれたので
デザートなのかな?と思いつつ、

「もうお腹一杯なんです。ありがとう」というと


それから5分から10分おきに

「お餅食べる?」

「お菓子食べる?」

「ケーキ食べる?」

「おにぎり食べない?」

「みかん半分むいたから食べない?」

「ピザ焼こうか?」

さっき食べたばっかりやん!!


と言いたいのをこらえつつ

「お腹がいっぱいなんです?」とまた

「じゃあ チョコレートなら食べれる?」
「これなら まだ入るでしょ?」

「なんか顔色が悪いわよ。あまり食べてないんじゃない?お肉食べる?」

とずっと食べ物をすすめてくれた。


その後、違う集まりにいくと

「ご飯食べる?」というので

「さっき たらふく食べてきたのでもういいです」

と断ると

「このお菓子おいしいよ。食べなさい」

「このうどん珍しいよ。食べて食べて」

と、誰も私の話を聞いてないかのように
食べ物をすすめてくれた。

これが噂のカメカメ攻撃!
恐るべし!!

あ、でも若い人はこんなに食べ物をすすめないっぽいね。

せめて 新年の挨拶は一日に一組にしましょうね。
島に移住した時に実感されるでしょう。
「こ・・・これが噂の・・・」って。^^
*HOME*