■■ライフスタイルを見直す■■
私はお金に無頓着なほうかもしれません。
お金がかからない生活をしていますが、そんなに節約をしてるわけではないし、
生活そのものを楽しんでいます。

こちらに住みだして、ある日私にすごい金額の請求書達がやってきました。
電話料金が高く「今月こんなに国際電話したっけ?」と思ってたら
離島から神戸の家族に電話をかけていた国内電話でした。
距離が離れたので高くなったのを、以前と同じ感覚で使っていただけでした。

それで気合をいれて、ライフスタイルに合わせた土台をきっちり検討した後で
無頓着に楽しんでいこうと思いました。
下に紹介するのは私が実際試して大満足だったものだけを載せています。
満足しなかったものは載せていないPRなのでご安心下さい。

IP電話のBBPHONEなども検討したのですが、相手も入っていないと
いけないし、PCでの会話なども相手はPCを持っていなかったりするので
普通の電話をそのまま使えるスタイルのフュージョンに変えました。

離島から本土の友達に電話をしても
3分21円。日本国内ならどこに電話しても1時間420円。

沖縄・神戸間を電話をしたとします。

NTTだったら3分84円で、どの会社の最大割引でも3分42円です。
一時間1680円!!
フュージョンを使うと1280円の節約になります
また他の会社のサービス割引は仕組みが分かりにくく、夜と昼の料金が違っていたり
割引の手続きが難解だったので、24時間3分21円。ウェルカムパックを使うと3分10.5円になる

フュージョンがいいと思いました。

また私は国際電話もたまにします。
これもまたフュージョンが
断トツ安いんです。
他の会社は日本からアメリカが一分60円ですが、フュージョンなら15円です。

また携帯電話への電話も携帯から携帯よりもフュージョンから携帯のほうが安いのです。
docomoからdocomoだと3分105円ですが、
フュージョンから携帯電話だと三分56円となります。

その他
*年会費・入会費一切無料。作業は登録のみ。
*アダプタモデムなどがいらない。そのままの電話で使える。
*マイライン登録会社に関わらず、登録できる。
*請求はNTTと一緒。なので支払いも手間がかからない。
*インターネットのIP電話と違ってPCの電源をいれなくてもいい。
(こちらは台風などたまに停電するので大事です。)
*オンラインでここから申し込むと1時間で設置できる。

もうフュージョンを断る理由がなくなったので申し込みました。
これが私の通信費を安く押さえてる秘訣です。参照こちら
なんて書いていますが、今はスカイプがほとんどです。スカイプについてはこちら
有名11社最大約50商品から生命保険一括資料請求
保険が切れる時期に「もっと良い保険です。」と持ってきてもらった保険がすごく高くて
信頼できなくなったので、人任せにするのはやめて自分で決めようと思い、ここで請求をしました。
後から会社から売り込みの電話がかかってくることもなく、じっくり見比べることができました。
また最近保険の種類もかなり安かったり、考えられた売れるものがたくさんあるので一度検討してみたら
かなりの生活コストのカットになるかも知れません。
はこちらで資料請求をして自分で検討してからプロの意見が聞きたくなり
「FP(ファイナンシャルプランナー)」に相談しました。
このFPの人はどの保険会社にも属していない無所属の方で、
保険会社を選ぶのに「何故この保険か?」と言うのに答えてくれます。

私の場合も丁寧親切にオススメをしてくれました。
初めに上の請求で勉強をしていたのでスムーズに進みました。
10000円から2000円で手厚い保証のものに変えて
一ヶ月に8000円の節約になり満足です。

家族連れなら10000円以上保険が安くなるのはザラにあるそうです。

この二つのサイトは無料で利用できます。

島に必須の自動車
島の人から頂いた車の保険が私の年齢に合わなかったので、保険を変えることになりました
だいたい言われるままに入っていましたが、これも資料を見比べたら良いものが分かります。
この無料で使えて一括請求できるものは催促の電話もかかってこないし、
離島でも注文して待ってるだけで届くし、便利です。
これは友人がこちらに移住する前に高級車を売って、こちらで買い換える時に使いました。
島では潮風で車が痛みやすく、車は消耗品の考えです。
一番高値のところで売れたので良かったと言ってました。

また移住してから車のやり取りをする時も、市場価格が分からない時にこちらで聞いて
市場価格を把握して売らないということももちろんできます。
利用したら絶対に売らなければならないということはありません。

車を安く買う方法
ハナテン こちらでは海風で車がすぐに痛むので、
本土で廃車するような車でもまだまだ現役だったりします。

だから本土では格安で売られてるような車を買って、船で送ったほうが安い場合もあります。

島の車屋さんも最近はネットオークションで買ったりしているので、
自分でオークションで買ったほうが
間に入る人件費がかさまず、安くなる場合がよくあります。
ガリバー
カーセンサー
『CarNet Sharaku<車楽>』
船代を考えると圧倒的に安い車でなければ関東で買うより関西で、(神戸・大阪が港が近いのでベター)
関西で買うより鹿児島で買ったほうがいいのですが、九州がこちらに近いと思って九州でも福岡などで
買うと鹿児島港まで持ってくる陸路の値段がかなり高くなります。それなら神戸・大阪で買ったほうが安くなると思います。
CROSSROAD
または沖縄からです。上記は沖縄の中古車情報誌。

私も車を持っているのですが、島の人から頂きました。来てすぐに一代目をもらって一代目の車検が切れる頃に、
知り合いが車を買い換えるとのことで、二代目を頂きました。スマイル0円でもらったものです。
また一年の間に他4台を島ナイチャーに斡旋しています。
知り合いが増えると車を探している情報を流したら力になってくれる方がいてくれたりします。

廃車するためにもお金がかかるので、売りたいとか、使ってて欲しい人もいらっしゃいます。
また公務員の転勤などの島の人口の出入りがある、2・3月に空いてる車がでやすいです。

送料を安く送る
宅急便系の会社は鹿児島離島だと安くて、沖縄離島だとかなり高い場合があります。便利なリンクを載せておきます。
送料の虎
銀行口座を設置する
南西諸島は本土で使っているような銀行がないので、本土でよく使われている銀行に振り込もうとして、振り込み手数料だけで700円ぐらいかかったりして痛い思いをすることもあるでしょう。そんな時には、新生銀行がおすすめです。私もメインバンクにしているのですが、月に5回までは振込み手数料が無料です。
普通口座開設ももちろん無料、維持手数料もないので、おすすめです。
喪服&礼服を持っておく
島の結婚式やお葬式は参列者が多く、突然やってくるので、移住者が「服がない!」と言っているのをよく聞きます。
準備しておいたほうが無難です。