***島の選び方***
宮古島の「オトオリ」与論島の「与論ケンポウ」
これは島の文化です。
宴会に参加している人達が集まると、水割りを小さなグラスに入れて、
一人が挨拶代わりに「オトオリをまわしまーす」と言うと飲み干します。
そのオトオリを始めた一人が親になって、同じグラスに水割りをつぎ、
宴会に参加している皆にまわし、そのまわされた人も同じく
一気に飲み干さなければいけません。だから宴会に10人参加していれば、
10人皆一気飲みをします普通は一回では終わらず何度か一気飲みします。
帰りは皆壁をつたって歩いています

これが普通にスナックやクラブなどでもあります。宮古島の水商売のほとんどのお店が
先にピッチャーに水割りを作って、待機しています。これは突然始まるオトオリのためです。
たぶんお店で働いていたらしなければならなくなるので酒豪にはパラダイスで
お酒が弱い人には地獄のような島になるでしょう。
お酒は宮古島は泡盛で、与論は黒糖焼酎です。
私はこれを三日間してお酒がほとんど飲めない体になりました。(ちょっとトラウマかな?)
与論島の与論献奉も同じようなものです。
-----------------------------
ハブがいるか?いないか?
奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島、沖縄本島、伊平屋島、
屋我地島、古宇利島、伊江島、水納島、瀬底島、渡名喜島、久米島、奥端島、渡嘉敷島、儀志布島、城島、黒島、伊計島、宮城島、平安座島、浜比嘉島、浮原島、藪地島

にハブがいます。沖永良部にはハブがいないので夜に山の中をガンガン歩いた時に
「ハブがいなくて良かったなー」と思いました。でもハブがいる徳之島でハブ取りのバイトに
行ったのもいい思い出なのでよっぽどアウトドアな人や爬虫類がダメな人でないと気にする必要はないでしょう。
-----------------------------
アクティビティーで選ぶ
例えばサーフィンは種子島はメッカです。沖永良部は波が立ちません。
沖永良部よりは徳之島がベター。
ダイビングはほとんどの島にダイビング施設がありますが、ダイビング先進島とそうでない島が
あります。そうでない島はダイビング客が少なくてすいているので快適ですが、まだまだ未開の地
でもありますので、施設は整っていません。(ダイバーが休憩する為の公園の有無などは全島が島をあげてダイバーを歓迎しているか否かがわかります。)
-------------------------------
都会度・田舎度で選ぶ
24時間空いているコンビニエンスストアがあるかどうか?
またはファーストフード店があるかどうか?

参考までに
奄美大島・・・ケンタッキーコンビニあります。
徳之島・・・・2003年コンビニ一号店が誕生。
喜界島・・・・2003年信号の一号機ができました。

沖縄本島・・・へやすりゃ神戸より都会です。眠らない島です。
沖縄宮古島・・・コンビニ・ケンタッキー・モスバーガーがあります。
与那国・・・・・ありません

人口5万人で市になるので市はやっぱり都会度が高いです。
どちらでも好きに選んでいただいてかまわないのですが
離島という点では注意点が必要です。田舎度・強の小さな島では台風が
来ると海路が途絶えるので店から商品がなくなってしまいます。

また大きな病気や怪我があった場合沖縄本島や鹿児島などの病院施設に搬送される
ことになります。子供さんがいらっしゃる場合は高校が島内にない場合もあるので
子供さんの進学に合わせて考える必要がありますよね?
移住のための島ガイドへ